頭取メッセージ

 皆さまには、平素より私ども北日本銀行に格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
 代表取締役頭取に就任いたしました石塚恭路でございます。

 この度、地域の多くのお客様にお引き立て頂き、健全経営を堅持して参りました北日本銀行の経営を担うことになり、その責任の重さに身の引き締まる思いでございます。これまで歴代頭取が築いて参りました北日本銀行の経営理念をしっかりと継承し、地域の発展のために力を尽くしてまいる所存です。

 北日本銀行は、1942年に岩手興産無尽株式会社として創業して以来、78年間にわたり、地域の中小企業と個人のお客さまに親身に寄り添い、時代の変化に対応しながら金融サービスを展開してまいりました。
 2019年度は、長期化するマイナス金利政策やデジタライゼーションの進展等の急激な経営環境の変化に直面する状況のもと、「中期経営計画『Focus2020』」の総仕上げとして、諸施策に全行を挙げて取り組んだ結果、一定の成果を上げることができる見通しであります。これもひとえに皆さまの温かいご支援の賜物と深く感謝申し上げます。
 2020年4月からは、新しい経営体制・中期経営計画のもと、地域のお客さまにより一層貢献してまいります。

 当行はこれからも「地域密着」の経営理念のもと、株主および地域の皆さまからの信頼にお応えすべく、より質の高い金融サービスの提供と安定した業績の確保に向け役職員一丸となって全力で取り組んでまいりますので、引続きご支援、ご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2020年2月

取締役頭取 石塚 恭路

ページトップへ